【初見でも楽しいのか?】ソムニウムファイルをやってみた感想

とびだせどうぶつの森の発売日まで長いわ〜

 

なんていつものようにNintendo Switchのショップを見ているとZ指定のこんなゲームを発見。

ソムニウムファイル

タイトルAI:ソムニウムファイル

ジャンル:アドベンチャー

プラットフォームPlayStation®4、Nintendo Switch™、

Steam™(PC)

希望小売価格6,800円+税

発売日2019年9月19日予定

CERO Z(18才以上のみ対象)

言語日本語、英語、繁体字テキスト/日本語音声

(※Steam版は日本語、英語音声収録)

 

説明書きを読むと

 

  • 捜査・推理をしながら物語を追う捜査パートと、重要参考人の夢の中で手がかりを探すソムニウムパートを行き来してゲームを進めていく。
  • 捜査パートでは事件に関係するさまざまな場所を訪れ、現場を調べたり関係者に話を聞くことで事件を追っていき、ソムニウムパートでは関係者の夢の中に入り込むことで現実の世界では得られない記憶を探ることで事件の真相に迫っていく。

との記述が。

えーなにこれ面白そう!

推理ものや探偵ものをやったことがなかったので

さっそく体験版をダウンロードして遊んでみました。

先にストーリーをご説明します。

ストーリー

東京。

11月のとある金曜日の夜。

降りしきる雨の中、ひとりの女性の遺体が発見された。

 

場所は廃墟と化した遊園地のメリーゴーランド…。

その遺体の顔には左目がなかった。

 

どうやら犯人にくり抜かれ、奪われたらしい。

一報を聞きつけ事件現場に訪れた刑事、伊達。

 

彼は遺体の顔に見覚えがあった。

 

なぜ、彼女が――

 

――これは、夢と現実を捜査し、

 

失った記憶と因縁の殺人犯を追う、

ある刑事と相棒の物語。

体験版

体験版では実際のゲームの内容を少しだけ遊ぶことができます。

廃墟と化した遊園地のメリーゴーランドに縛り付けられた女性の遺体を発見し辺りを捜索する捜査パートと、

被害者女性の娘である【みずき】の夢の中に入り込んで事件の真相に迫るソムニウムパートを体験できました。

体験版をやっていると、

「なぜ被害女性は左眼をくり抜かれて殺害されたのか?」

「なぜ被害女性の娘は血まみれのアイスピックを握ったままメリーゴーランドの中に隠れていたのか?」

「くり抜かれた左眼の行方は?」

などという疑問が浮かんできて、ゲームを買わざるを得ませんでした…笑

製品版

製品版をダウンロードし、いざ攻略!

これからソムニウムファイルを遊ぶぞ!と言う方向けにネタバレは極力避けてご説明させていただきます!

 

プレイヤーはゲーム内の主人公である『伊達鍵』(だてかなめ)として事件の真相を暴いていきます。

ゲーム内では伊達の左眼の義眼『アイボール』(アイボゥ)と一緒に行動を共にします。

アイボゥは義眼とはいえ超高精度AIなので、事件の解決に向けて伊達をサポートしてくれます。

進行具合

ゲームの進み具合としてはなにも不満はありませんでした。こういったゲームが初めてだったからというのもありますが、ドラマやアニメを見ている感覚で要所要所でアクションなどが入っていく感じです。

例えば事情聴取の際に証拠を提示する場面があるのですが、間違った選択をするとやんわり否定されて正しい選択に導いてくれます(笑)

詰まったりすることなくスムーズに物語が進んで行くのでフラストレーションを感じることはありませんでした。

ゲームが重たいのか、登場人物がアリバイなどを説明している際時折固まる場面もありましたが、そこまで嫌な感じではありませんでした。

操作性

操作性もよく、ZLボタンがAボタンの代わりになるので片手で操作ができます。寝ながらゲームする勢なのでありがたかったです。

そして個人的に良かったのがZRボタンのオート機能とRボタンのスキップ機能。

ZRボタンを押しておくとオートで会話が進んでいくのでフルボイスの会話が自動的に展開していきます。

家事をしながらでも楽しめるので良かった…(笑)

Rボタンのスキップ機能では、物語そのものをスキップするのではなく、倍速でストーリーを進めることができます。ストーリーが好きでアニメーションに興味がない人はスキップ機能を使いながら物語を進行させていくと良いでしょう。

車が走っている映像をスキップしたり余計な会話をスキップするなど私もかなり重宝しました。

会話を聞き逃したり見逃した場合はLボタンでログを見ることができるので、ストーリーを把握しそびれることはありませんでした。

ストーリーについて

分岐やルートがあるとか、なんにも知識がないままスタートして、1つ目のルートをクリアしました。

終わり方はパッピーエンド風でしたが

え?これで終わり!?

何事も解決しないまま一つのルートが終了しました。

するとキャプチャが表示され物語の分岐点が表示されました。

どうやらソムニウムパートで取る行動で分岐…未来が変わるようです。

重要なストーリーには鍵がかかり、特定のストーリーをクリアしなければ先には進めません。

つまり事件の真相を暴くには全ての物語をクリアしていかなければなりませんが、登場人物それぞれの物語の中で刺されたり切断されたり左眼をくり抜かれて誰かが死ぬので胸糞悪いです(笑)

さすがZ指定…w

事件を解決していくはずのゲームなんですが、並行世界やリアルに存在する衛星、x-00639の話し。都市伝説や神話などの話が盛り込まれていてかなり見応えがありました。

そして事件を解決していくと言っても難しいことは無く、アイボゥがしっかりサポートしてくれるので淡々と物語は進んでいきました。

分岐が増え、ストーリーが展開されるにつれて訳がわからなくなると思いきや、要所でまとめてくれるので混乱することなく最後までゲームを楽しむことができました。

物語は一見モブにも見えるキャラクターも巻き込んで展開していきます。しかし最後はこのゲームだからこそのまさかの展開になりました。

ストーリー攻略後

事件解決後もドラマみたいにその後のストーリーが少し用意されています。

そしてエンディングはこれまでの重たいストーリーと相対するような明るい感じでした(笑)

ゲーム内容がしっかりしている上にさらに楽しめる図鑑機能がありました。

左から

  • 人物…物語で登場した人物の図鑑
  • 補記…キャラが話していた単語の説明
  • アルバム…キャラの設定画など

 

と言った感じで、ストーリーをクリアしてもさらに楽しめる仕様になっています。

個人的に絵を描くのが好きなので3番目の【アルバム】はコンプしたいと思いました。

…とはいえ内容が重たいのでコンプリートするかは悩んでますが(笑)

ストーリーやアニメーションを飛ばしながら見たのでちゃんとやればクリアは20時間程度でしょうか?

複雑なストーリーなのにしっかり伏線を回収し辻褄があうように構成されていたのでプレイ中の疑問をしっかり解決してくれました。

かなり頭のいい人がこのゲームを作ったのでは?笑

まとめ

こういったゲームをプレイするのは初めてでしたが、かなりのめり込んで楽しめました。

仕事中誰が犯人なのか考えるほどに…w

勘が悪いからかもしれませんが犯人は思いもよらぬ人物でまさかの展開だったので最後までドキドキできました。

以前スカイリムをやっていたのでそこまでグロさは感じませんでしたが、人が滅多刺しにされたり頭が吹っ飛んだり、慣れない人にはショッキングな映像が飛び込んでくるので気をつけてください。

あまり気分のいいゲームではありません…w

作り込まれたゲームなのでやりがいがありました。

グロいのが平気な方は是非やってほしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

くろねこ

登録販売者としてお薬を販売している気まぐれ女子。 登録販売者をはじめ、栄養士、英検準2級、化粧品検定1級、医療秘書などの資格を持つ。知識をつけるのが好き。無作為に情報収集をしている。アニメ、イラスト作成、ゲーム、料理、雑貨、メイク、ファッション、歌、占いなどが好き。多趣味。