【比較】増税前にマイホームを手に入れろ!かかる費用を比べてみました。

マイホームの買い時は?知っておきたい費用のこと。

2019年10月からついに消費税が10%に増税予定

大きな買い物は増税前にしておきたいもの。

 

マイホーム購入を考えている方は、実はのんびりしている暇はないんです。

とはいえ漠然としていて結局増税前と増税後にいくら費用がかかるかわからないなんてことはありませんか?

 

今回はそんな方にもわかりやすく表を見て比較していきます。

 

自分も家族も納得した素敵な家を建てるためにもしっかりと知識を身につけ準備していきましょう。

 

 

増税するとかかる費用はいくら変わる?

 

マイホーム購入時の費用はどうかわる?

しろ
増税って言ってもたった2%じゃない?そんなに損するものなのかな?
くろ
という方も多いのでわかりやすく表を作ったよ!

 

 

消費税8% 消費税10%
4,000万 物件価格 4,000万
320万 消費税 400万
4,320万 費用合計 4,400万

積水化学工業株式会社家づくりのミホン参考

 

こちらの例では合計を見ていただくとわかるように、消費税8%のときにマイホームを購入すればなんと80万円もお得になるのです!

 

しろ
80万円も差が出るの!?…僕のご飯何日分だろう。

 

 

ローン返済はどう変わる?

くろ
ローンを組んで返済するときにかかる費用の割合を「金利」というよ!
しろ
「金利」は決まっていなくて、短いスパンで変動するから要チェック!

 

頭金をためてからマイホームを購入を考えている方も多いはず。増税前に頭金が間に合わないからと購入を引き延ばしにするのは要注意!

 

見えない「金利」で損をする可能性があるかもしれません。

 

 

例えばたった1%の金利上昇で…。

1.4% 金利 2.4%
約9.1万円 月額 約10.6万円
約3,797万円 総額 約4,438万円

積水化学工業株式会社家づくりのミホン参考

返済金額はなんと641万円も跳ね上がりました‼

 

しろ
頭金が多ければ借入金額を抑えられるから気にしなくていいんじゃないの?

 

くろ
じゃあ今度は今マイホームを購入した人と、5年後マイホームを購入した人の返済計画を見て比べてみよう(*’ω’*)

 

30歳 年齢 30歳
2018年増税前 購入 2023年増税後
200万 頭金 700万
4,120万 借入額 3,700万
1% 金利 (仮)1.5%
116,301円 月の返済額 113,288円
48,846,420円 総返済額 47,580,960円
50,846,420円 支払総額

(頭金と総返済額)

54,580,960円
65歳 完済年齢 70歳

積水化学工業株式会社家づくりのミホン参考

 

しろ
あれ!?頭金があったはずなのに完済総額が増えて完済年齢が延びてる‼

 

くろ
というわけで、頭金がないからと低金利の期間を逃してマイホームを購入すると逆に損することもあるってことがわかったね(;´・ω・)

 

増税前にマイホームを購入したいのにご家族の同意が得られない方もこちらの金額を提示してどれだけの差が出るかを理解してもらいましょう。

 

 

いつまでがセーフ?8%適用条件

しろ
増税前が得ってのはよくわかったけど、結局いつまでにマイホームを建てればいいの?

 

 

注文住宅の場合は?

8%適用条件は

  • 消費税引き上げ3カ月前に契約
  • 消費税引き上げ前までに引き渡し

 

のどちらかを満たせば適用です。

 

マイホームは一生に一度の大きな買い物。家族それぞれにこだわりがあったりしてじっくり検討する時間が必要。

 

展示会場を見学したりカタログをみたりプランも検討したり…やることは盛沢山!今から準備をすることをおすすめします。

 

展示会は増税前に込み合うことが予想されます。納得してマイホームを購入するためにも早めの予約してゆとりある家づくりをしましょう。

 

まだ余裕だと思って今何も準備せず、消費税引き上げ前に焦ってラフなプランや見積もりで契約しても後々変更が出てくるかもしれません。そうなるとせっかく消費税8%が適用されても余分に工事をすることになり、お金がかかってしまうことになります。

 

 

くろ
契約しなくても引き渡しが増税前なら問題ないんじゃない?

 

と、思われる方も多いかもしれませんが増税前にマイホームを購入したい方は実はかなり多いのです。

 

実際に8%に増税される直前は工事のラッシュが続き、予定されていた工期が延期になって増税後の金額を支払った方も多くいます。

 

ですから税率が引き上げられる前に引き渡されるから大丈夫なんて思わずに今からしっかりと準備して増税半年前に契約できるようにおきましょう。

 

2019年3月末までに契約ができるように依頼先や土地探しを始めましょう!

 

 

注文住宅だけど、建て替えの場合は?

くろ
土地はあるし余裕でしょ!

 

なんて思っている人は気を付けてください。実は建て替えのほうが新築よりも時間がかかります。

 

建て替えの場合は新築の工程+解体・引っ越しという手間がかかります。

 

契約を決めるのは新築と同じ2019年3月末まででOKですが、そのまえに仮住まいと引っ越し業者を探さないといけません。

特に2月~3月は進学や就職の時期にちょうど重なりますので思うように予定が立たず、希望の日程に引っ越しできないかもしれません。

 

今のうちから準備を始めないと契約は間に合わなくなる可能性があります。

おわりに

 

今回は増税前後のマイホームの費用についてまとめてみました。自分で調べてもわからないことばかりなので途中で投げやりになってしまう方も多いのでは?

そんなときにはプロにしっかり相談しましょう。(ブログを書いておきながら言っちゃう)

とにかく私はこのブログの内容で漠然としていた費用のイメージが何となく理解してもらえて、マイホームを購入のきっかけになったら嬉しいなと思います。

一生に一度の買い物をお得にできることを祈っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

くろねこ

登録販売者としてお薬を販売している気まぐれ女子。 登録販売者をはじめ、栄養士、英検準2級、化粧品検定1級、医療秘書などの資格を持つ。知識をつけるのが好き。無作為に情報収集をしている。アニメ、イラスト作成、ゲーム、料理、雑貨、メイク、ファッション、歌、占いなどが好き。多趣味。