月経前症候群「PMS」とは?症状と改善方法。

生理前にこんなにつらいのは私だけ?

まるで自分が自分じゃないみたい…。生理のたびに私たちを苦しめる「PMS」

その症状や対策を詳しく調べてみました。

 

 

PMSってなに?

 

生理前は普段スルー出来る上司の嫌味や知人の発言が気に障ったり、ダイエットでセーブしているはずの食欲が爆発しちゃったり、やらなきゃいけないことがたくさんあるのに無気力になったり眠くなったり。

 

こんなに不調続きで大丈夫かな?

 

と思っていたら生理が始まると途端に治まる。そんな経験ありませんか?

 

毎月ほとんどの女性が悩まされているそれが「PMS」なのです。日本語名では「月経前症候群」と呼ばれています。

 

以下が主な症状です。あなたはどのくらい当てはまりますか?

 

 

特に精神状態がひどく、普段の生活に支障をきたすほどになると「月経前不快気分障害(PMDD)」と呼ばれます。これは「PMS」の重症型に当たります。

 

例えば感情が高ぶりすぎてけんかをしてしまったり、人前で泣いてしまったり、プライベートでも仕事でも症状が出てしまいます。

 

「PMS」の症状が出るのはだいたい生理の一週間前ごろからで

 

生理予定日に近づくにつれてだんだん悪化してきます。

しかし生理が始まると嘘のようにその症状がなくなる人が多いです。重症の場合はひどい症状が最初から出て生理開始日まで続きます。

 

 

PMSの原因は?

 

詳しい原因は解明されていないそうですが、深くかかわっているのは女性ホルモンである「プロゲステロン」です。


「プロゲステロン」は妊娠を助けてくれるホルモン
で、排卵後から次の生理にかけて分泌されます。

分泌時期は基礎体温が上がり食欲を増進させます。

また水分を体内に含みやすくする作用もあるため、むくみの原因や胸の張りなどといった症状も出てきます。

肌荒れやイライラなどの精神不安も「プロゲステロン」の影響だと言われています。

 

また、排卵後に喜びを感じるホルモンである「セロトニン」が急激に低下してネガティブ思考になるのも原因だと考えられます。

 

症状がつらい人はビタミンやミネラルなどが足りていない可能性があります。

 

 

PMSを悪化させてしまう原因

 

そもそも神経質だったり、人の目を気にしてしまう性格、言いたいことを我慢してしまう性格だったりすると周りの環境などの影響を受けやすく「PMS」の症状が激しく出やすいとされています。

 

普段から暴飲暴食だったり食生活が偏り栄養バランスが取れていない、喫煙、寝不足など体に負荷をかける生活をしていると症状が悪化しやすいようです。

また「PMS」の症状で甘いものが欲しくなってしまうことがありますが、急激な血糖値の変化は「PMS」を悪化させてしまうのでぐっとこらえて間食やおやつなどは控えめにしておきましょう。

 

「PMS」対策

まずは自分が「PMS」だと自覚することが大切です。
毎月のことだから当たり前になっている人が多いですが今や日本人女性の約6割が悩まされています

 

この症状は早い人だと高校生くらいから出だし約30年ほど付き合っていかなければいけません。

 

「PMS」の症状が激しいと「更年期」の症状も重症化しやすいと言われています。

 

本来であれば医療機関を受診し、治療に努めるのが一番ですが「病院になんていかないわ!」という私みたいな人におすすめの「PMSを乗り切る方法」を記載していこうと思います。

 

「PMS」と向き合う

まずは自分の「PMS」の期間を明確に把握しましょう。生理予定日を手帳に書き込んでいる人は多いと思いますので自分がいつ「PMS」の症状が出るのかも一緒に書き込んでください。

 

次に自分の「PMS」の症状がどんなものでどれだけつらいか、どれが一番重いかを把握しましょう。

自分の「PMS」のパターンがわかったらこの期間はなるべく予定を入れないようにして自分を甘やかしましょう。「ストレスフリー」につとめてください。

 

私の「PMS」の症状は結構重症なのですが、この期間は特に家に引きこもるようにしています(笑)

お家が好きなのとやりたいことや好きなことがお家にあるからリラックスできるのです。逆にライブに行ったり友達に会ったりしたほうが「ストレスフリー」になる方もいます。仕事や学校が終わってから自分にご褒美を与えるなど、とにかく好きなことをしてください。

 

とはいえ暴飲暴食や睡眠不足は「PMS」が悪化してしまうので飲み会は一次会で帰るとか、忙しい人はせめて22時~2時の睡眠のゴールデンタイムは寝ておくなどの努力をしてください。

 

食生活を整える

生理前になると黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンにはたくさんの栄養を体に蓄えようとするはたらきがあります。よって、生理前は食欲が爆発してしまうのです。

せっかく食欲が増進してたくさん食べられるのであれば、「PMS」対策に利用してやりましょう。

「PMS」対策時の食生活で中心にしてほしいのは大豆製品です。大豆イソフラボンは女性ホルモンを調整してくれる役割がありますので積極的に摂取してほしいです。代表的な食品は豆乳や豆腐などです。

 

効果的な栄養素は、カルシウム、マグネシウムです。日本人にとってカルシウムは特に欠乏しやすい栄養素なので、サプリメントを摂取するのもいいでしょう。
食品で言うとチーズ、ごま、アーモンド、小魚などに多く含まれます。

 

また、先に記述した「セロトニン」というホルモンの分泌を助けてくれるビタミンB6やビタミンEを摂取することも忘れずに。特にビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれているので「PMS」対策でなくとも摂取するのが好ましいです。

ビタミンB6は豚肉、大豆、いわし、サバ、カツオに多く含まれ

ビタミンEは種実類に多く含まれますが、脂肪分も多いので過剰摂取に注意が必要です。アーモンドや抹茶に多く含まれています。

 

避けるべき食べ物

先にも記載しましたが「PMS」のときに甘いものが欲しくなってしまいますが過剰摂取は禁物です。
刺激物であるコーヒーなどのカフェインが含まれたもの、スナック菓子やチョコレート、塩辛いもの、アルコールに脂たっぷりのお肉などはなるべく避けてください。

 

糖分を取りたい場合はお菓子などの人工甘味料が使われたものではなく、フルーツを摂取してください。フルーツの糖分は体にもいいしビタミン摂取も同時にできます。
出来たら魚中心の生活がいいと思いますが、お肉が食べたい場合は鶏肉を摂取するようにしましょう。

 

「PMS」に効くお薬は?

 

2014年9月に日本で初めて発売された「PMS」専用のお薬である「プレフェミン」というお薬があります。
お薬といっても主成分は「チェストベリー」と言われるハーブが使用されています。
病院で処方箋をいただいてから薬剤師さんに処方していただく必要があります。病院に行かないといけないのか…と思うかもしれませんが、自分の状況を知るためにも行っておいたほうが良いと思います。頓服的ではなく継続的に使用することで効果が得られます。自分の状態もわからず市販の精神安定剤などを服用するよりはしっかり効果を実感できる「プレフェミン」を使用することをおすすめします。

 


【第2類医薬品】命の母ホワイト 360錠

市販で買えるお薬でおすすめなのは「命の母ホワイト」です。「命の母」とだけきくと「更年期のお薬じゃ…?」と思うかもしれませんが「命の母ホワイト」はホルモンバランスや自律神経を整えてくれる漢方薬になります。

 

私も一時期飲んでいましたが、漢方臭さはなく小粒で飲みやすいです。精神不安が通常の生理のときより改善されました。

ニキビも膨大な数ができてしまうのですが「命の母ホワイト」には血行を良くしてお肌のターンオーバーを正常化する漢方も含有されていますので生理前の独特な肌荒れにも効果があると言えます。

 

 

おわりに

 

私は去年まで「PMS」のことを知りませんでした。友達が教えてくれて調べてみると、ほとんどの症状が当てはまりました。

 

自分が「PMS」だと知ったときショックよりも自分の症状にはちゃんとした解決策があるんだと嬉しかったのを覚えています。意識してみると周りの女性のほとんどが「PMS」の症状を訴えているため、同じように困っている人がいるのではないかとこの記事を書くことにしました。

 

私がブログ内で述べた改善案の中で一番重視しているのはまずは自分を知るということで、私の「PMS」の症状の中で一番激しいのは情緒不安定と頭痛のため生理1日前はお休みをいただくようにしています。

一人で悩まずに解決策を探していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

くろねこ

登録販売者としてお薬を販売している気まぐれ女子。 登録販売者をはじめ、栄養士、英検準2級、化粧品検定1級、医療秘書などの資格を持つ。知識をつけるのが好き。無作為に情報収集をしている。アニメ、イラスト作成、ゲーム、料理、雑貨、メイク、ファッション、歌、占いなどが好き。多趣味。