注目のお肌の免疫機能!肌環境を整えるランゲルハンス細胞って?

ランゲルハンス細胞を増やしてより美肌に

「免疫力」という言葉を1度は聞いたことがあると思います。病気にならないように私たちの体を守ってくれるものですよね。

実はその免疫力がお肌にもあるのをご存知ですか?

それが今回の記事で取り上げる「ランゲルハンス細胞」のことです。

美肌の基本に必要なランゲルハンス細胞ですが、詳しく知らない方も多いのでは?

ランゲルハンス細胞のことをよく知って、美肌にさらなる磨きをかけましょう。

ランゲルハンス細胞ってなに?

冒頭にも記述した通り私たちのお肌を守る免疫のことです。ランゲルハンス細胞は誰のお肌にもあり、肌表面で皆さんのお肌が傷ついたり荒れたりするのを防いでくれています。

例えば紫外線や寒暖差による刺激、カビやウイルスなどにも反応し侵入を防いでくれます。

さらにすごいのは角層などに備わっているバリア機能が破壊されたときにも機能して、お肌を守ってくれています。角層に入り込んだお肌のトラブルのもとにも反応して、はたらきを抑えてくれるのです。

ランゲルハンス細胞は肌トラブル回避に必要不可欠なものなのです。

ランゲルハンス細胞の敵は?

ランゲルハンス細胞は誰のお肌にも存在しますが、その数や元気の良さは人それぞれ違います。ランゲルハンス細胞を減らす要因は以下の通りです。

酸化

お肌の酸化にめっぽう弱いランゲルハンス細胞。肌表面でお肌を守っているランゲルハンス細胞は酸化した皮脂や汚れが肌表面に付着しているとその影響を受けてしまいます。

酸化の原因は様々です。例えば日常生活のストレス、紫外線、メイクをしたまま長時間放置したりするとお肌の酸化を促進してしまいます。

特に開封してから時間のたったスキンケア用品やメイクアップ用品などは酸化している可能性が高く、それをお肌に塗ることで悪影響を及ぼす場合があります。

くろ
もったいなくても古い化粧品は捨てよう!
しろ
大体の目安は開封してから1年だよ(*’ω’*)

合成界面活性剤

いわゆる化粧品の添加物です。コスメや洗顔、クレンジング、シャンプーなどにも配合されている成分です。洗浄力や皮脂を溶かす効果が高いためお肌の必要な機能まで溶かしてしまいます。

もちろんランゲルハンス細胞もその影響を受け数が減ってしまうのです。特によくないのが石油系界面活性剤でラウリス硫酸ナトリウムなどがあります。

この界面活性剤は肌への浸透力がとても良いため皮膚内に侵入してきます。免疫であるランゲルハンス細胞は破壊され、界面活性剤は皮膚内にどんどん蓄積されていきます。

繰り返しニキビができたりするのはこれが原因と言っても過言ではないでしょう。免疫力が弱っているアトピー性皮膚炎の方は特に避けたほうがよいです。

ストレス

酸化の原因にもなるストレスですが、直接ランゲルハンス細胞に悪影響を及ぼします。ランゲルハンス細胞には脳の信号も伝達されます。あなたにストレスがかかるとそれが脳からランゲルハンス細胞に伝わってお肌の免疫が落ちてしまうというわけです。

逆に言うと嬉しい、楽しいといった情報もランゲルハンス細胞に伝達されますから笑顔の多い毎日にしたいですね。

乾燥

ランゲルハンス細胞に直接は関係ないのですが、角層のバリア機能を破壊してしまうのがこの乾燥。バリア機能が破壊されることでより過剰にお肌を守ろうとするランゲルハンス細胞はたくさん力を使ってみるみるうちに元気をなくしてしまいます。外部からの刺激に耐えられなくなり数も減少。

体と同じようにお肌もバランスが大切。お肌のバリア機能を保つためにしっかり保湿も行いましょう。

ランゲルハンス細胞を守るには?

美肌に必要不可欠なのに身に覚えのある原因で数が減少するランゲルハンス細胞。

ランゲルハンス細胞を守るには、以下のことに気をつけましょう。

生活習慣を整える

睡眠

お肌だけでなく体の健康、特に睡眠には気を使いましょう。昼夜逆転勝ちな方は要注意。夜の22時から深夜2時の間は必ず寝ているようにしましょう。この時間にしっかる睡眠をとることで身体の疲れが取れ、お肌の免疫力が回復します。

笑顔

ストレスをため込まないように自分のリフレッシュ方法をいくつか考えるのも良いでしょう。脳に楽しいと思わせることが重要なので、この場合は無理やり笑うのも効果的です。難しい場合はテレビや動画の力を借りて何も考えずに笑いましょう。

食事

食事は3食摂るのが基本ですが、加工食品は添加物が入っており、手料理よりも必要な栄養素が少ない場合も。野菜を中心にたんぱく質や炭水化物、脂質、ビタミンミネラルをバランスよく摂るのが理想です。

バランスの良い食事が難しい場合はサプリメントを頼るのも一つの手です。

少し余談になりますが…。

登録販売者として働いて日々勉強してわかったことは、正直市販のサプリメントで効果が実感できるものは少ないです。特に安価なものは…。

どんなにいい栄養素がサプリメントに含まれていても、体に吸収されないと意味がありません。臨床試験済みのものや、吸収率が出ているものなどを選ぶことをおすすめします。

個人的におすすめなサプリメントをご紹介しておきます。

ボディメイクを主にした広告ですが、ダイエットの効果だけでなく健康管理もしっかりできるサプリメントです。

野菜の産地もしっかり記載されており、妊婦さんでも安心して飲めます。

腸内環境が肌環境に影響しているという事実も最近の研究で明らかになってきました。特に便秘は腸内に老廃物やガスがたまったままの状態。当然腸内環境もよろしくありません。

便秘薬は確かに効きますが、癖になるとやめられなくなったり効果が実感できなくなってきます。(実際に接客したお客様もかなりの量の便秘薬を摂取していました。)

お薬と違って安心して飲めるのはもちろんのこと、健康管理もできて肌環境も整えられる一石二鳥のサプリメントです。

かなり話が脱線してしまいましたが、野菜が思うように摂れない方や加工食品ばかり食べている人、酵素ドリンクで効果が出なかった人はぜひ試してほしいです。

くろ
くサプリを飲んでいるからと言って野菜を摂取しなくていいわけじゃないよ!
しろ
サプリメントはあくまでも食事の栄養+αだよ!

天然成分が主役の化粧品を使う

先に記述した通りなによりも合成界面活性剤が美肌の敵です。化粧品の添加物は肌にどんどん蓄積されて肌細胞を傷つけます。

天然成分の化粧品を使用することで肌本来のバリア機能が高まり、ターンオーバーの周期も正常に戻ります。

無添加化粧品やオーガニックコスメと謳っていながら合成成分を配合している化粧品も少なくないためしっかり成分表示を確認しましょう。

くろ
化粧品検定1級を取得したくろねこがおすすめするのはこれ!

ファンケル

CMや広告でおなじみのファンケル。実はとってもお肌に優しいんです。
石油系界面活性剤だけでなく、防腐剤・殺菌剤・香料・紫外線吸収剤・合成色素・鉱物油が一切配合されていません。あまりに宣伝されすぎて嫌煙している方も多いのでは?

でもそれだけ有名なのはその分お肌に優しいということ。

無名のよくわからないオーガニックコスメを使うより、お肌にいいことがきちんと証明されているファンケルを使うのが断然おすすめです。

私のおきにいりは洗顔です。パウダーを泡立てる洗顔料になっていて、細かく濃厚な泡に仕上がります。毛穴の汚れはしっかり落ちるのに潤いはそのままで、洗い上りもつっぱりません。


有名なファンケルのクレンジングは肌本来の潤いを守ってメイクを落としてくれます。 

しろ
こすらず落とすっていうCMは有名だよね!

もちろん濡れた手でも使えます。嬉しいことにマツエクやウォータープルーフのマスカラにも対応しています。

肌に優しいのにしっかり肌を守ってくれるオススメのスキンケア用品です。

 

ネイチャーズウェイ

スキンケアが無添加でも普段使っているメイクアップコスメが添加物たっぷりでは意味がありません。

ファンデーションやパウダー、ハイライトなどはお肌の広範囲に塗るものですし、チークやアイカラーは色素沈着する可能性も。

特に今流行のティントリップなどは唇にかなりの負担をかけていて、色素沈着だけでなく、乾燥やくすみの引き金にもなります。

というわけでオーガニックコスメのおすすめはこちら。

ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト【nature’s way】



ネイチャーズウェイのコスメは日本で作って日本人のお肌に合うように作られています。防腐剤を使っていないため徹底された製品管理も行われています。

特に人気なのはこちらのナチュラグラッセ UVプロテクションベースNです。

SPF50、PA+++に加えてブルーライト・近赤外線もカットしてくれます。花粉や季節の変わり目などで揺らぎがちなお肌にも優しいオーガニック成分を配合し、自然で健やかなお肌に。

他にもお肌に優しい様々なコスメが販売されていますので、ぜひ閲覧してみてくださいね。

くろ
可愛いアイカラーもあったよ!

おわりに

途中熱が入りすぎて支離滅裂な感じになってしまいましたが、とにかく美肌を守るランゲルハンス細胞に体の健康は欠かせないということを伝えたかったです。

どんなにいい化粧品でスキンケアしていてもそれを吸収したり持続させたりする力がなければ何の意味もありません。

ぜひこの機会に自分の生活を見直して美肌にさらなる磨きをかけるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

わからないことがあればコメント欄でも、ツイッターのDMでもいいのでメッセージをいただけると幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

くろねこ

登録販売者としてお薬を販売している気まぐれ女子。 登録販売者をはじめ、栄養士、英検準2級、化粧品検定1級、医療秘書などの資格を持つ。知識をつけるのが好き。無作為に情報収集をしている。アニメ、イラスト作成、ゲーム、料理、雑貨、メイク、ファッション、歌、占いなどが好き。多趣味。